CorelDRAW Graphics Suite X8 – アップデート 1

CorelDRAW Graphics Suite X8 のアップデート 1 により、以下のパフォーマンスおよび安定性が改善されています(以前はサービスパックとしてリリース)。

  • テキストを含む CorelDRAW ファイルをダブルクリックで開くのも、以前より格段に速くなりました。
  • Corel Capture は、[カーソルのキャプチャ] オプションが選択されている場合、カーソルをキャプチャします。
  • 黒や暗めのテーマを選択した際のアイコン表示の改善など、CorelDRAW® および Corel® PHOTO-PAINT ® のアイコンに関する問題が解消されました。
  • オペレーティング システムのフォント サイズを 125% にすると、アプリケーション カーソルは正しいサイズで表示されます。
  • CorelDRAW ドキュメントをデバイス非依存型 PostScript ファイルに印刷しても、アプリケーションの反応が停止しなくなりました。
  • CorelDRAW または Corel PHOTO-PAINT の初回起動時から、カラー ピッカーは機能します。
  • アプリケーション UI の尺度レベルを変更すると、Welcome スクリーンのすべてのイメージのサイズも、それに応じて変更されます。
  • パワークリップ コンテナにあるメッシュ塗りつぶしカラーをサンプリングすると、その後はコンテナのカラーではなく、サンプルがメッシュ塗りつぶしカラーを選びます。
  • メッシュ塗りつぶしの色は、ドキュメントのカラー モードと一致します。
  • Corel Font Manager の大規模フォントフォルダをモニターする際でも、CorelDRAW のフォントリスト ボックスは、遅れることなく表示されます。
  • グラデーションの中間点の設定は、CorelDRAW にインポートされる PDF ファイルに保存されます。
  • Visual Studio C++ Redistributable 2015 アップデート 2 が既にインストールされている場合、CorelDRAW Graphics Suite X8 をインストールすることができます。

注:このアップデート 1 には、 Hotfix 1 が含まれており、アプリケーションが無反応になったり、動作が遅くなったり、CorelDRAW ドキュメントの一部が空白ページとして開くといった問題が修正されます。