画像編集ツール – Corel PHOTO-PAINT 2018

Corel PHOTO-PAINT 2018

15日間の無料体験版をダウンロード
CorelDRAW Graphics Suite 2018

画像編集

  • 新製品!Corel AfterShot 3 HDR による強力な RAW 画像編集
  • 新製品!写真の傾きをインタラクティブに補正
  • 新製品!写真の遠近をダイナミックに調節
  • 新製品!WordPress への画像送信をはじめ、ウェブへのエクスポート操作が簡単に
  • プロのような写真のレタッチと補正

Corel PHOTO-PAINT 2018 は、CorelDRAW Graphics Suite 2018 に付属しています



高度な画像編集

Corel® PHOTO-PAINT® 2018 の高度な写真編集機能を使って、写真を印象的な美しい画像に変身させましょう。CorelDRAW の支援ツールとして設計されたこのアプリケーションでは、イメージをプロ品質で編集。さらに、最新の PSD ファイルや、300 以上のカメラ モデルの RAW ファイルに対応しています。
対応カメラ(PDF)


Stefan Lindblad

私が Corel PHOTO-PAINT を使用する理由

Stefan Lindblad

「私は、毎日 Corel PHOTO-PAINT と CorelDRAW、そして Corel PAINTER を使って、画像の編集やイラスト作成やグラフィック デザインをしています。私のように会社を経営しながらフリーランスとして、さまざまな作業をフルタイムでこなすユーザーにとって、この 3 つは最適な組み合わせだと思います。どのアプリケーションが持つ機能も、それぞれにかなりハイレベルです。けた違いの生産性に驚きながらも、クリエイティブな作品の制作を存分に楽しんでいます。」

Corel PHOTO-PAINT の気に入っているところ

「簡単にさまざまなテクスチャを使用できるところが大変気に入っています。特に、塗りつぶしの編集ツール ダイアログが使いやすいです。

それから、ひとつのツール ダイアログですべての画像リソースを自在にコントロールできること、そしてローカルとオンライン両方のリソースの塗りつぶしをカスタマイズできるのもいいですね。塗りつぶしの編集ツールは、あらゆるユーザーが使ってみるべきだと思います。ガイドラインの回転もとても便利ですよ。それと、Corel PHOTO-PAINT の液体ツールも、写真やデザインを補正して芸術的に変身させるのに最適なすばらしいツールです。

Corel PHOTO-PAINT 2018 の気に入っているところ

「WordPress との連携機能には恐れ入りました。画像やグラフィックを作成したら、それをエクスポートして、WordPress のウェブサイトやブログに Corel PHOTO-PAINT からアップロードできるのです。ウェブサイトで作品を紹介したり、ブログを投稿する私のようなユーザーには、時間を大幅に節約できる非常にありがたい機能です。

また、Corel PHOTO-PAINT と Corel PAINTER の両方のツールや機能を使って、イラストの作成ができるのも嬉しいですね。たとえば、Corel PAINTER でナチュラル メディア ブラシを使ってイラストをペイントしてから、その作品を Corel PHOTO-PAINT でイラストの合成やコラージュの技術を使って仕上げることもできます。つまり、とにかく最高なのです!」

Stefan について
Stefan Lindblad はフルタイムのフリーランスのイラストレーター、およびグラフィック デザイナーとして活躍し、スウェーデン国内外にさまざまなクライアントを持っています。Stefan と彼の作品について、詳しくは www.stefanlindblad.com をご覧ください。




Corel PHOTO-PAINT 2018 の新機能と強化機能

新機能!Corel AfterShot 3 HDR
Corel® AfterShot™ 3 HDR を追加費用なしでダウンロードし、Corel PHOTO-PAINT 2018 でお使いいただけます。RAW や JPEG 形式の写真に対し、プロレベルの補正および修正ができます。さらに、High Dynamic Range (HDR) Merge モジュールを使用し、息を呑むほど美しい画像を、より広いトーン範囲で作成することができます。

新機能!WordPress に画像を送信
作成した画像を、アプリケーション内から直接 WordPress のメディアライブラリに送ることができます。その際、選択したオブジェクト、またはプロジェクト全体を JPEG、GIF、または PNG のファイル形式に変換してから、WordPress のアカウントにアップロードすることが可能です。

新機能!写真の傾きをインタラクティブに補正
傾き補正バーを写真の要素に合わせて置いたり、回転の角度を指定して、切り抜いたイメージを簡単に回転させることができます。操作はすべて画面上で確認しなら、またはプロパティ―バーを使って行えるので、時間をかけなくても完璧に補正できます。


新機能!写真の遠近をインタラクティブに調節
[遠近補正] ツールを使用して、写真の中の建物やランドマークといったオブジェクトの遠近を調節できます。 操作は簡単で、長方形にしたいオブジェクトに 4 隅をあわせてダブルクリックするだけです。

新機能!プレビューやカーソルやハンドルが高速に
ツール プレビュー、カーブ プレビュー、ノードやハンドル、効果のコントロールやスライダー、そしてテキストのレンダリングが高速になり、生産性がさらにアップ。サイズの大きいファイルも素早く開き、効率良く編集できます。

新機能!塗りつぶしや透明の効果を適用および管理する
[塗りつぶし] と [透明] がまったく新しくなりました。CorelDRAW や Corel PHOTO-PAINT で、塗りつぶしや透明を操作および管理するとき、その生産性とパフォーマンスの高さをお楽しみください。





Corel PHOTO-PAINT の人気機能

傾き、方向、および回転
傾き、方向、および回転
修正ツール、消しゴムツール、そしてペイント ツールで、スタイラスの筆圧、方向、傾き、回転をお楽しみください。さらに、回転、平坦度、伸長の各設定を調整して、アートの可能性を広げることができます。


Windows 10、マルチモニタ表示、4K ディスプレイおよびリアルタイム スタイラスへ対応
これまでの 8.1 および 7 に加え、新たに Windows 10 への対応を拡大、マルチモニタ表示および 4K ディスプレイにも対応しました。Wacom タブレットおよびデバイスのほか、Windows リアルタイム スタイラスペン対応タブレットによる新たなコントロールにより、作業のスピードと効率をさらに上げることができます。

修復クローン ツール
修復クローン ツール
強力な新ツールを使って写真をさまざまな方法で修正、編集できます。周囲の色やテクスチャにブレンドする新機能 [修復クローン ツール] を使って、難のある部分を自然に修正します。


ガウスぼかし
ガウスぼかし機能
ガウスぼかし機能を使うと、ドロップ シャドウのエッジに適用するフェード効果の度合いを調整できるため、背景やその他の要素に対するオブジェクトの距離と大きさの見え方を決定できます。

準備と伸縮 ドッキングウィンドウ
準備と伸縮 ドッキングウィンドウ
すばらしい写真を作品として残す方法のひとつに、キャンバスへのプリントがあります。[準備と伸縮] ドッキング ウィンドウを使うと、画像のサイズ変更、微調整、伸縮という簡単な 3 ステップで写真や画像をキャンバス印刷用に整えることができます。この準備をすることで、壁にかけるアートに最適な構図を実現できます。

特殊効果
特殊効果
カメラ効果を適用して写真のカラーやトーンを調整します。ボケぼかし、カラー化、セピア調、タイム マシンなどのビジュアル効果を使うことができます。


透明度
透明度
オブジェクトに透明度を適用して、下にあるオブジェクトが透けて見えるようにし、面白い効果を作成できます。

液体ツール
液体ツール
写真のレタッチや画像エリアの変形を行って、芸術性の高い独特な効果を作り出すことができます。各ツールはデジタルペンまたはスタイラスの圧力を感知するため、効果の強度をコントロールすることができます。

アンシャープ マスク レンズ
アンシャープ マスク レンズ
オブジェクトに直接効果を適用せずに写真をシャープにできます。このレンズは、エッジのような高密度ディテール、および大規模構造、グラデーション、そして背景カラーなどの低密度ディテールの両方を保ちながら、隣接するピクセル同士のコントラストを増加します。


インタラクティブなブラシストローク設定
インタラクティブなブラシストローク設定
修飾キーを使用して、簡単に透明度とフェードを適用できます。消しゴム、赤目修正、クローン、補正ブラシ、ペイント、効果、イメージ スプレー、元に戻すブラシ、およびカラーの入れ替えブラシなど、いずれのツールを使用していても、ペイントしながらブラシストロークの透明度とフェードを調整できるようになりました。

ガイドラインの設定
ガイドラインの設定
ガイドラインを簡単に追加、管理、修正できます。ガイドラインの精確な配置、線スタイルやカラーの変更、オブジェクトや編集可能エリアのガイドラインへのスナップ、不要な変更を防ぐためのガイドラインの特定位置への固定などもできます。隣接する他のオブジェクトと対応させて、オブジェクトを作成、サイズ変更、または移動する際に整列するのに役立つ一時的なガイドラインです。

ブラシピッカー
ブラシピッカー
[ブラシ] ピッカーを使用して、プロジェクトに最適なブラシをすばやく見つけましょう。便利なドロップダウンメニューにより、すべてのブラシ カテゴリとブラシの種類が 1 か所で検索でき、さらに最近使用した 5 つのブラシの設定が保存されます。


レンズ歪みの補正
レンズ歪みの補正
糸巻型や樽型の歪曲を簡単に補正することができます。糸巻型の歪みがある画像は中央が押し縮められたように見え、樽型の歪みは、中央部分が押し出されたように見えます。

スマート カーバー
スマート カーバー
[スマート カーバー] を使うと、写真から不要な領域を簡単に削除し、同時に写真の縦横比を調整できます。多用途の [オブジェクトの削除] ブラシを使えば、必要/不要な箇所をペイントして、写真の不要な要素をすばやく取り除くことができます。

高度なクリップマスク オプション
高度なクリップマスク オプション
クリップマスクを作成することにより、グループ内の各オブジェクトを変更せずにオブジェクト グループのプロパティを調整できます。たとえば、個々のオブジェクトのピクセルを変更せずに、グループ全体の透明度を調整できます。


トーン カーブ調節
トーン カーブ調節
調整時にリアルタイムのフィードバックを提供する統合ヒストグラムを使用すると、イメージをより高い精度で調整できます。スポイトを使用すると、イメージのトーン カーブのカラーの特定の場所を正確に指定できます。

イメージ調整ラボ
イメージ調整ラボ
一般的なカラー バランスやトーンの問題を、1 つのダイアログボックスで時間をかけずに補正できます。

ドキュメント/イメージ パレット
ドキュメント/イメージ パレット
各デザイン プロジェクト用のカスタム カラー パレットが自動作成されます。ファイルと一緒に保存されるため、プロジェクトを開く度にすばやくパレットにアクセスできます。また、カラー校正設定を使用して、出力の準備を効率的に行えます。


自然な彩度、グレースケール、フィルタ効果
[グレースケール] 効果は、オブジェクトや写真の特定の領域から彩度を削除するのに最適です。[フォト フィルタ] 効果を使用すると、さまざまなカメラレンズ フィルタを使用したような効果を再現できます。

オブジェクト ドッキング ウィンドウ
最もよく使用する機能や操作にアクセスしやすくして、手早くスマートに作業を進めましょう。ネスト化したグループを使用して複雑なイメージを整理し、複数のアプリケーション間で簡単に移動させることができます。

Web 用エクスポート ダイアログ ボックス
さまざまなフィルタ設定を比較してから出力形式を選択できるため、最適な結果を簡単に取得できます。また、アンチエイリアス エッジの透明度やマット カラーの指定にも便利です。