CorelDRAW チュートリアル

新 Corel Font Manager を使用したフォントの管理

CorelDRAW Graphics Suite X8 に新しく搭載された Corel Font Manager により、フォントの管理がいっそう簡単になりました。このチュートリアルでは、グラフィック デザイナー兼トレーナーで CorelDRAW マスター アーティストの Anand Dixit show 氏が、Corel Font Manager のインストールとアンインストール、フォントのフィルタ設定に加え、独自のフォント コレクションを作成して特定のフォントセットを瞬時に検索および使用する方法を紹介します。

メッシュ/グラデーション塗りつぶしを使って透明の 3D 立方体を作成する by Pratik Shah

CorelDRAW マスター Pratik Shah 氏による本チュートリアルでは、CorelDRAW X7 のメッシュ/グラデーション塗りつぶし機能を使って、微妙な陰影のある透明の 3D 立方体を作成する方法をご紹介します。

CorelDRAW® および Corel® PHOTO-PAINT を使用してオブジェクトやフォントにメタリックな効果を作成する方法™

このチュートリアルでは、グラフィックデザイナーで CorelDRAW マスターアーティストの Silvio Gomes 氏が、CorelDRAW および Corel PHOTO-PAINT の機能を使ってベクタ オブジェクトやテキスト オブジェクトに褐色の 3D メタリック効果を追加する方法をご紹介します。

CorelDRAW を使用してアパレル用スクリーン印刷にカラートラッピングを適用する方法

アパレルのスクリーン印刷に CorelDRAW のカラートラッピング ツールを使用するための基本を学びます。CorelDRAW マスターアーティスト、Richard Reilly 氏が、テキスタイルのスクリーン印刷における正確な色分解、レジストレーション、チョークおよびスプレッドの方法を詳しく解説します。

CorelDRAW で輪郭を使用する

輪郭ツールと等高線ドッキング ウィンドウは、シンプルながら大変強力な機能です。おもしろい 3D 効果を作成するのみならず、プロッタ、彫刻機、ビニール カッターなどの機器に出力するためのカット用アウトラインを作成できます。このチュートリアルでは、Anand Dixit 氏が輪郭の作成および編集方法について詳しく解説します。

CorelDRAW® X7 を使用して、曲線状の図形を含むベクトルデータをビットマップとして再構築する方法

今月のチュートリアルでは、グラフィック デザイナーで CorelDRAW® マスタ アーティストの Silvio Gomes 氏による、複雑なロゴ画像からさまざまな要素を持つベクトル図形をすばやく作成する方法をご紹介します。

Corel PHOTO-PAINT X7 を使った画像処理

このチュートリアルでは、イラストレーターであり、グラフィックデザイナー、アーティスト、そして CorelDRAW マスターアーティストでもある Stefan Lindblad による、何の変哲もない普通の写真を Corel PHOTO-PAINT のすばらしいエフェクトとレンズを使用して想像的で興味深い作品に変身させる方法をご紹介します。

Adobe Illustrator、Photoshop、PDF ファイルを CorelDRAW で開く、編集する、インポートする

本チュートリアルでは、Adobe Illustrator (AI) および Photoshop (PSD) ファイルへの拡張サポートと、Portable Document Formats (PDF) を CorelDRAW に簡単かつ効果的に直接インポートする方法について説明します。

CorelDRAW Graphics Suite X6 のカラーの調和を使用する

カラー スタイルは調和とよばれる機能グループに結合できます。調和によりカラーを色相ベースの関係でリンクさせ、セットとして一度に変更することができます。調和でカラー スタイルを編集することにより、複数のカラーを一度に変更して異なるカラー スキームやカラースキームのバラエティを簡単に作成したり、作品のカラー構成を 1 ステップで変更できます。

CorelDRAW X6 のカラースタイル

CorelDRAW X6 でカラースタイルを作成、編集、適用して、セットアップと制作にかかる時間を削減し、プロジェクト全体の変更を簡単に行う方法について学習します。

CorelDRAW X6のタイポグラフィ

フォントと書体の違い、CorelDRAW X6 の高度な OpenType® サポート、OpenType フォントを使用した作業について学習します。

CorelDRAWのレイヤーを使用する

CorelDRAWで作成したオブジェクトを管理する場合、レイヤーは非常に効果的な手段です。レイヤーを使用することで作業時間が短縮され、手持ちの作業を簡単に処理し、デザインの緻密度を向上できます。

CorelDRAW® Graphics Suite X4 ユーザー インタフェースをカスタマイズする

このチュートリアルでは、よく使用するコマンドを作業領域にボタンとして追加し、作業効率を高める方法を学習します。

Corel® PHOTO-PAINT™ X4 イメージ調整ラボ:RAW ファイルおよびスナップショットを使用する

このチュートリアルでは、Corel® PHOTO-PAINT™ X4でRAW カメラ ファイルを使用して、調整したイメージのスナップショットを作成し、最適な調整を見つける方法を学習します。

CorelDRAW® Graphics Suite X4 トレースを活用する

このチュートリアルでは、CorelDRAW Graphics Suite X4でPowerTRACEを使用する方法を学習します。

CorelDRAW® Graphics Suite X3 画像の切り抜き

図やインポートしたビットマップで作業している場合、新しい切り抜きツールを使って、オブジェクトの一部を素早く簡単に削除できます。オブジェクトの不要な領域を削除するために、オブジェクトのグループを解除し、リンクされたグループを分解し、オブジェクトを曲線に変換する必要はもうありません。

CorelDRAW® Graphics Suite X3: オブジェクトをコピーして配置する方法

CorelDRAW Graphics Suite X3で、1つまたは複数のオブジェクトをコピーしたい場合、コピー&ペーストよりも速い方法があります。

CorelDRAW® Graphics Suite X3 図を描くようにオブジェクトを配置する

CorelDRAW Graphics Suite X3で作成したオブジェクトを配置するためにツールを変更するのは、図の中にオブジェクトが複数ある場合には特に面倒なものです。

CorelDRAW® Graphics Suite X3 曲線オブジェクトのノードの数を減らす

曲線オブジェクトのノード数を自動的に減らすことができます。複雑な曲線オブジェクトには、オブジェクトを編集するのに不要な重複ノードや冗長ノードがしばしば含まれています